BLOG RSS



これから

ごきげよう。 いつもブログや投稿をご覧頂いている皆さま、ビターズストアをご利用の皆さま、あけましておめでとうございます。 いかがお過ごしでしょうか? 僕は、少々帰省をしておりました。 今年は僕にとって新たな挑戦の年となります。 やらぬ後悔よりやる後悔と決めました。 これまで、いまひとつ自信が持てなかった部分や怯えから、踏み出せなかった領域へ。 今後、数多の問題と言う壁がたちはだかると容易に想像が出来ます。それも含めて楽しみながらブレイクスルーして、まずはスタートラインに立ちたいと思います。 進捗状況はインスタグラムやブログにて報告していきたいと思います。 応援いただけますと幸いです。 引き続き、よろしくお願いいたします。 ビターズ ノブヲ

続きを読む



土臭くも現代的なワークジャケット

ごきげよう。   G&F Co.のTHERMAL LINED QUILTING JACKETについてご紹介します。   わかりやすく呼称すると中綿のワークジャケットです。   G&Fでは、生地替えなどの若干の仕様変更のみで毎年リリースされている人気のワークジャケット。   表地は打込みの細かいクラッシックナイロンタフタを採用、中綿が入っているので防風防塵効果が期待出来ます。そして、あたたかい。   特筆すべきは、コットンサーマルのライニングです。風合いが良いのはもちろんですが、裏地がサーマルと言うディテールに萌えます。   中綿入りで表が布帛、裏地がカットソーと言う掛け合わせは、キルト屋さんに嫌がられます。それだけ、異素材をキルティングするのは技術のいる作業となります。   中綿はダウンよりも劣ると思われています。 実のところダウンは、「ケアがしづらい」「保温性が持続しない」。中綿は「ケアが容易」「保温性が持続する」と言った点で優っているとも言われます。都心近郊であれば十分ですね。   ジャストめなシルエット、分厚過ぎない程度の肉感なので、インナージャケットとしても活用できるのも嬉しいです。 ※僕の主観ですが、今回に限りジャケットのサイズ感はジャスト目なのでワンサイズ上のサイズが着用しやすいかと思います。通常38サイズを着用の方は、40サイズをお勧めいたします。   もちろん、アウターとしても十分な暖かさです。衿ぐりのリブも首に沿う様にデザインされており、防寒性にも配慮されています。      ヘビー過ぎないミドルアウターは、活躍するシーズンも長く重宝します。 土臭くも現代的なワークジャケットを ぜひ、お試しください。   ビターズ ノブヲ    G&F Co. THERMAL LINED QUILTING JACKET BLACK, MOSS GREEN    

続きを読む



本物の日本製

ごきげよう。   はじめてのプロダクト紹介です。     G&F Co. ではベーシックライン(定番商品)とシーズンライン(季節商品)があります。 ベーシックラインでは、1940s SPORTS TEEやSWEATSHIRTなどのカットソーとLOT101などのデニムがあります。   今回は、今季よりベーシックラインに仲間入りしたSWEAT シリーズのBUTTON UP SWEATSHIRTSをご紹介。   手にとっていただけた方からは、嬉しいご感想をいただきます。   ふわふわと柔らかく、厚みがあるのに軽い。 生地の生産から縫製まで日本国内で行なっています。 いわゆる、ただのMADE IN JAPANとは違います。   日本でつくればMADE IN JAPAN。日本製です。 ただし、その一言で一括りにしてしまうと語弊を感じます。 同じ日本製のTシャツでもブランドによって 値段に差があると思いませんか。 クオリティの良し悪しがあると思いませんか。 その差の実態は、縫い子が日本人か研修生(外国人)かと言うこと。 生地の良し悪しもありますが、大きく左右するのがこの縫い子さんの部分です。 あまり深くは掘り下げませんが、G&Fのベーシックラインのカットソーは無論前者です。   生地は和歌山県、縫製は都内の工場へお願いしています。   この生地はシンカー編機ではありますが、ふわふわと柔らかく、もっちりとした生地を実現してます。裏の起毛加工の掻き技術によって厚みや風合いが変わりますが、こちらは理想の起毛。   縫製の部分で特質すべきは、ヴィンテージに倣った縫製を再現しつつ、生地ごとに運針などを毎回調整している点です。   ディテールにおいては、1930年代のスポーツスウェットからインスパイアをうけています。アイデンティティとなる衿の形状や前たてのボタンアップなどは忠実に再現し、サイズ感や着心地などは現代的かつG&Fらしいものへ再構築しています。 袖口リブや裾リブは縫い目のないチューブ状の小丸編みのリブを採用しています。そのため、袖口と裾はしっかりとテンションの効いたリブとなっています。     なぜ最初にボタンアップの衿付きをつくってしまったのか。セオリーで言えば、クルーネックやパーカーでしょう。 その点は、酔狂なんだなと思って流してください。 いずれクルーネックやパーカーはリリースを考えています。 まずは、BUTTON UP SWEATSHIRT とFULL ZIP SWEATSHIRTで「本物の日本製」をご堪能ください。   ビターズ ノブヲ      G&F Co. BUTTON UP SWEATSHIRT  OATMEAL / HEATHER GRAY / INK BLACK  

続きを読む



ごきげんよう

ごきげよう。 はじめまして ビターズストアの店主ノブヲです。 G&F Co.とAELL SUPPLYのデザイナーでもあります。 このポストでは、凝ってしまったプロダクトたちについて紹介してあげたいと思いはじめます。  ビターズストアは、このG&F Co.とAELL SUPPLYを主軸に古着などもセレクトするショップです。実店舗は現時点ではありません。WEBSTOREのみの運営です。 G&F Co.はG&F WORKERSと言う名前であった時代から数えると13年続くブランドです。小さくひっそりと続けて来ました。現在では「CLASSIC SPORTS」を名目にウェアをつくっています。 AELL SUPPLYは、3年目でしょうか。スニーカーやカバンなどの小物を中心に展開するG&Fのサイドライン的な位置付けのブランドです。  これまでは、つくりっぱなしでそのプロダクトたちにどんな想いを込めてつくったかを語ってきませんでした。 このビターズストアに並んでいるモノたちは安価ではありません。 なぜ、そんなに高いの?と思われて手にとっていただく機会を失ってしまっているかもしれません。 ただ日本製だからと言う説明ではなく、手にとってもらえるような紹介をここでしていけたらと思います。 語りや文章が苦手です。それでも、今後は僕の身勝手でつくられたプロダクトたちが少しでも人の手に渡るように努めたいと思います。 どうぞ、よろしくおねがいします。  ビターズ ノブヲ    

続きを読む